« ドル円損切りの買い増える | トップページ | 焦点、講演、起債、南ア金利など »

2009年3月24日 (火)

久々にリスク選好の動き:津田

昨日NYKダウは497ポイント上昇して7775ドルの引け。
市場では米ドル安、円安が進行。
ユーロが1.36台、ポンドが1.45台、豪ドルが”夢の”0.70台。
そして円クロスはそれぞれユーロ円132円台、ポンド円141円台、豪ドル円68円台と特にユーロ円、豪ドル円は年初来の高値をブレークする勢いです。
原油は一時54ドル台に上昇するなど商品相場(CRB)も230近辺まで上昇しており、久々に一昔前活発であった”リスク選好”の動きが復活した、、、というかリスク回避の動きの後退が続いているのでしょう。

背景はやはり先週のFOMCにおける長期債買取決定に続き、昨日FRBが官民共同ファンドによる不良資産買取計画を発表したことを市場が好感したもの。やはり引き金は米国のようです。

市場には一部最近の米ドル下落が双子の赤字に起因した米国への資金還流減少を伴う本格的なドル下落の始まりと読む向きもあります。リスク後退による米ドル売戻しが本格的なドル下落につながるか??米国には”景気回復による借金返済”という重い仕事が残っています。その中で、少し景気に明るさが見えてくると円は米ドルと一緒に弱含む運命?

ではでは


「Joeの豪ドル道場」FXマガジンにて毎週 月・水・金 執筆中
!


ご購読はこち らから

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

0

|

« ドル円損切りの買い増える | トップページ | 焦点、講演、起債、南ア金利など »

2津田穣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドル円損切りの買い増える | トップページ | 焦点、講演、起債、南ア金利など »