« 日経平均 一時、バブル後最安値を下回る | トップページ | 利食いと損切りが同居 »

2009年2月24日 (火)

ユーロドルテク、三日天下なし

ユーロドルテクニカル、三日天下なし

日曜日のユーロドルテクニカルでも書いたのだが、12月に1.47をつけてから、特に1月からユーロドルは3日連続陽線が続いたことがない。特に昨日は盛り上げるだけ盛り上げて(1.3近く)2最後に冷や水をかぶせた感じ(1.27はさみ)だ。ポンドに対しても弱く、ユーロスイスは横ばいだが一目の雲の下。円とだけはいい勝負というか円には勝っている。

Ws000001

2月22日(日)投稿分、ユーロドルテクニカル

2日連続陽線で強いのだが、1月から2ヶ月間3日連続陽線となったことがないので疑いたくなる。ドル円同様に今日の終わり方でヒゲを残すか、何かローソク足のパターンが出るか注視したい。

 月足では昨年10月から1.25以下は下ヒゲが出る抵抗感はある。

5日、21日線はかなりなだらかになってきたがまだ下向きである。ボリンジャーバンドでは下限で跳ね返され、バンド自体が狭くなっているのでもう中位にいる。珍しくドル円のほうが広がりつつあり波乱を予想させる。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 日経平均 一時、バブル後最安値を下回る | トップページ | 利食いと損切りが同居 »

為替09年2月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーロドルテク、三日天下なし:

« 日経平均 一時、バブル後最安値を下回る | トップページ | 利食いと損切りが同居 »