« GM破産法も視野に、クライスラーは | トップページ | ユーロドルテクニカル »

2009年2月15日 (日)

ドル円テクニカル

「ドル円テクニカル」

再び一目均衡表の中に入った。昨年9月以来だが1月半ばあたりからはずっと接近して迫っていた。93円以上で雲の上に出る。

1月21日と2月3日の安値を結んだ上昇ラインはまだ崩されていない。下値のサポートも切りあがって90.20で下抜けとなる。2月11日と12日の下ヒゲも効いている。2月5日、6日の行き詰まり線や上ひげでできた92円前半を抜ききれるか。Ws000000 Ws000001 Ws000002

1月6日と2月9日の高値を結んだ下降ラインに迫り上へ抜き去る可能性も出てきた。移動平均21日線もなだらかに上昇しそうである。

ボリンジャーバンドの上限を抜いたが、バンドも上に広がりつつあるのでさらに上もある。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« GM破産法も視野に、クライスラーは | トップページ | ユーロドルテクニカル »

為替09年2月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドル円テクニカル:

« GM破産法も視野に、クライスラーは | トップページ | ユーロドルテクニカル »