« H株指数3%超の下げ | トップページ | G-7の議題の保護主義の取り扱いは難しい »

2009年2月12日 (木)

劣後債がやってきた

「劣後債がやってきた」

以前ここで紹介した劣後債の募集広告が送られてきた。劣後債は通常の債券よりも利回りが高いので先ずは上得意の機関投資家へ持っていくので個人はなかなか高利回りの恩恵に預かれなかったが、いまや機関投資家も増資しなければならない時代(日生、農林中金など)なので個人にもお声がかかってきた。国債より1%程度利回りが高い

発行体三菱東京UFJ銀行
第19回期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付)=正式にこう呼ぶようだ。
◎利率(年率/税引前) :2.30%〜3.30% [仮条件※]

> ◎利払日:年2回 毎年4月・10月の各25日(初回利払日:平成21年10月25日)
>
> ◎償還日:平成29年4月25日(期間約8年)
> ただし、平成24年4月25日以降のいずれかの利払日に期限前償還される場合があ
ります。

≪劣後特約付社債とは≫
発行企業が倒産の場合など、購入者に対する元利金の支払いは他の一定の債権
者に対する債務の履行よりも後順位に置かれる債券です。そのため一般的に劣後特
約の付かない場合より利回りは高めに設定されます。

|

« H株指数3%超の下げ | トップページ | G-7の議題の保護主義の取り扱いは難しい »

投資を考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« H株指数3%超の下げ | トップページ | G-7の議題の保護主義の取り扱いは難しい »