« 債権相場とドルインデックス:水谷 | トップページ | ドル円テクニカル »

2009年2月11日 (水)

ドル円のボリンジャーは利用価値がある

「ドル円のボリンジャーは利用価値がある」

いよいよドル円のボリンジャーバンドの幅も狭くなってきた。ユーロドルや他の通貨と比べると小動きなので偏差も小さくなってきている。

さてボリンジャー氏もボリンジャーバンドの上抜け下抜けで逆張りすることを推薦していなかったようだが、現実問題ではドル円に限ってはボリンジャーバンドの下抜けでドル円を逆張りで買っても一旦は戻り利食える可能性が高いことはある。

ただセンチメントは猫も杓子も新聞もドルベアだから精神力が必要だ。特に個人ではなく団体で上司もいる銀行のディーライングルームではやりにくいだろう。

またこんなことで儲けても持続性、恒久性Ws000064 Ws000065 Ws000066 がないので大きな家は建たないだろう。

売り損なった時の単なるヤケ買いで利用するのではなく、行き過ぎでの買いということで。

ただドル円は上限はなかなか抜けない気がする。またユーロドルはややその利用が難しいように思う。上限下限を抜けてかなり行ってしまうこともある。「♪♪あのユーロは行って行ってしまった♪♪」にならないように。図はドル円ボリンジャー3ヶ月、6ヶ月、1年。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 債権相場とドルインデックス:水谷 | トップページ | ドル円テクニカル »

為替09年2月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドル円のボリンジャーは利用価値がある:

« 債権相場とドルインデックス:水谷 | トップページ | ドル円テクニカル »