« 日経と南ア紙で中国の記事 | トップページ | 入門、NYは動き、東京は動かないその1 »

2009年2月19日 (木)

注文情報について

「注文情報について」

外為どっとコム社の注文情報は3種類

①ポジション比率情報 現在のポジションの売りと買いの比率

②売買比率 所定の時間内に約定した売りと買いの比率

③注文情報 現在の指値(含む損切り)

銀行でも②と③は常にチェックしていた。これらが日本の顧客の需給だからだ。

①について他社もやっているが余り気にしていない。②③は重要情報だ。

永久に持ち続ける人のポジションを気にしても仕方がない。

銀行で言えば輸出業者は常にドルロング、輸入業者は常にドルショートだ。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 日経と南ア紙で中国の記事 | トップページ | 入門、NYは動き、東京は動かないその1 »

為替09年2月」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。お元気になられたようで安心しました。素人ですのでなかなか理解に苦しみますが頑張って勉強しています。  どう考えてもわからないですので、教えて下さい。""銀行で言えば輸出業者は常にドルロング、輸入業者は常にドルショートだ。””これって反対ではないでしょうか?  輸出業者は物を売ってドルを手に入れ、円に買えるためにはドルを売るんではないでしょうか?・・わかりきった質問で申し訳ないですがよろしくご指導いただければと思って質問しました。お願い致します。

投稿: あけぼの | 2009年2月20日 (金) 08時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日経と南ア紙で中国の記事 | トップページ | 入門、NYは動き、東京は動かないその1 »