« 日銀の株買取は当然 | トップページ | RBA予想通り1%の利下げ:津田 »

2009年2月 3日 (火)

今年はリパトリがあるのだろうか

「今年はリパトリがあるのだろうか」

例年2、3月はリパトリで円買いが多くなるとは80年代から

言い出していたことであった。ただ時々特殊玉(海外不良債権の損失処理玉)で逆にドル買いが多かった時もあった。

今年はどうだろう。日本代表の優良企業が軒並み赤字である。リパトリしようと思っても儲けがないとリパトれないかもしれない。

機関投資家の金利部分の円買いはあるだろうが、収益が上がって日本に引き寄せるのは任天堂さんくらいか。

海外だけの収益ではないが日立7000億、野村證券4900億、トヨタ4000億

パナソニック3500億、NEC2900億 東芝2800億、ソニー2600億、みずほ505億や

輸入で円高でウハウハかと思った新日石が2400億、中部電力が 681億、東京電力が500億の損失なら誰がリパトるのか。

ただ日本にお金がなくなって海外資産まで取り崩す時は注意したい。1990年代はそれが起こったのであった。ロックフェラー、ハワイのホテル、アラモアナショッピングセンター全部売ってしまった。 

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 日銀の株買取は当然 | トップページ | RBA予想通り1%の利下げ:津田 »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年はリパトリがあるのだろうか:

« 日銀の株買取は当然 | トップページ | RBA予想通り1%の利下げ:津田 »