« 入門、景気が悪化すれば円高 | トップページ | 注目の心配株動向 »

2009年2月27日 (金)

入門、当局とは

「入門、当局とは」

 為替相場は最終的には当局の手の中で動く。
 ファンダメンタルズに合わない相場は最終的には政府によって是正されるのが株との大きな違い 政府が干渉する理由は株の個別銘柄と違って経済取引、支払い、受け取りなど生活必需品だから。

ただ最近はその動きが極めて遅いように思う。財務省不況のように思う

昔は日銀が上げなくてもいい時に利上げをして日銀不況を招いたが(三重野さん、速水さん、福井さん)、最近は財務省が音なしで財務省主導不況と言える。


「野村雅道のID為替朝の作戦会議」FXマガジンにて執筆中
!


ご購読はこち らから

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 入門、景気が悪化すれば円高 | トップページ | 注目の心配株動向 »

外為入門」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入門、当局とは:

« 入門、景気が悪化すれば円高 | トップページ | 注目の心配株動向 »