« ドル円注文情報、92.85に損切りあり | トップページ | プラチナ、パラジウム上昇に中国あり »

2009年2月18日 (水)

ドル円テクニカル&需給

「ドル円テクニカル&需給」チャート添付

 1月21日からの上昇ラインが基本でここを下に切るとリスク。また2月12日の上昇ラインも急だが予備に引いている。11月25日からの下降ラインは上抜いた。

一目の雲の中を進行中だが。下抜けにも注意。91.50を割れば気をつけたい。

雲の上に出ると昨年9月以来だが、雲が横ばい推移しているので可能性はある。移動平均5日、21日は上向き中。ボリンジャーバンドは上限でやや危険だが上限も拡大中なのでともに伸び行く可能性あり。

 円高になりやすい2月に円安推移しているのはちょっと日本の中味も疑われてきたか。

注文は先ほどお伝えしたとおりで昨日の92.00ほどのまとまった売りはない。逆に昨日の高値を越えた92.85の損切りの買いあり。売りは少額。買いは92円と91.80が大きい。Ws000058 Ws000059 Ws000060

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ドル円注文情報、92.85に損切りあり | トップページ | プラチナ、パラジウム上昇に中国あり »

為替09年2月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドル円テクニカル&需給:

« ドル円注文情報、92.85に損切りあり | トップページ | プラチナ、パラジウム上昇に中国あり »