« ユーロ金利:水谷 | トップページ | 35%減益の米国、71%減益の日本 »

2009年2月 2日 (月)

ユーロドルテクニカル

Ws000061 「ユーロドルテクニカル」

日のユーロドルテクニカルでも書いたが11月13日と11月21日を結んだなだらかな上昇ラインを下に切っている。

さらに下には10月28日と11月13日を結んだ上昇ラインがありそれは今日でいうなら1.2650あたりでブレイクする。そうなると2006年の1.20台でのもみ合いのところとなってしまう。

 ボリンジャーバンド下限は下に広がりを見せているのでまだ歯止めはない。1.25あたりか。移動平均線は5、21ともに下げ、一目の雲の下限は遠く1.35で鉄壁にようだ。

2月14日にはローマG-7でユーロについての為替相場を議論する話もあり売りを警戒しなければならないが、その前にECB理事会と4QGDPというハードルがある。

Ws000060

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ユーロ金利:水谷 | トップページ | 35%減益の米国、71%減益の日本 »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーロドルテクニカル:

« ユーロ金利:水谷 | トップページ | 35%減益の米国、71%減益の日本 »