« 次の一手を考える(その1):かかし | トップページ | 日経平均下落 上海総合指数上昇! »

2009年2月16日 (月)

日経下落、豪株上昇、NZ株下落、中国は

「日経下落、豪株上昇、NZ株下落、中国は」

34年ぶりの日本のGDP二桁マイナス、3四半期連続マイナスGDPで日経平均は材料出つくしになることなく下落。1Qもマイナス、2Qで漸く+、3Q以降は再びマイナスとの予想を出しているエコノミストがいた。

 一方 豪株AORDは現在で3472(+13.9、+0.4%)と小幅上昇、NZ50株は2708(-42.55、-1.55%)と下げている。NZは大手家電FISHER&PAYKELが収益大幅減で株価が40%下げていることが下落の要因。

さてまもなくオープンする中国株は、G-7では財政出動が高く評価された。人民銀副総裁は利下げ余地ありと発言、温首相はさらに断固たる政策をとると表明、さて効果は

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 次の一手を考える(その1):かかし | トップページ | 日経平均下落 上海総合指数上昇! »

為替09年2月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日経下落、豪株上昇、NZ株下落、中国は:

« 次の一手を考える(その1):かかし | トップページ | 日経平均下落 上海総合指数上昇! »