« 南米好調、韓国健闘 株 | トップページ | かかしさん、デフェンシブ特集ありましたが »

2009年2月21日 (土)

入門、NYは動き、東京は動かないその4

「入門、NYは動き、東京は動かないその4」

東京市場は実需の市場である。それは貿易が外貨建てが多くその為替取引をすることが市場の主な役割となる。 ニューヨーク市場ではドルが基軸通貨ゆえ貿易はドルで行われ世界中どこと取引しても為替は起こらない。ニューヨークとL.A.の貿易もニューヨークと大阪の貿易取引も為替とは無縁である。貿易業者は為替市場には現れない。ニューヨークで為替取引をする人はウサンクサイ人、投機、投資である。 

為替をゲームとして認識する。よってセンチメントが大きくものを言うし、市場にはその日に為替を取引する実需の注文が置きっぱなしにはなっていない。時々市場にはプライスが無い時が訪れる。投機筋中心で甘い価格はないし、いざ何か経済指標や事件があればいっせいに注文をひき、またいっせいに買いや売りが集中する。そこに実需の注文はなく、相場は一方向へ飛んでしまう。「プライスが消えたと思った数分後に100ポイント以上動いていたこともある。それが自分にフェイバーなら良いがたいていは逆なのだろう。ニューヨークはディーラーにとって完全燃焼出来る市場である。(その5へ)


野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 南米好調、韓国健闘 株 | トップページ | かかしさん、デフェンシブ特集ありましたが »

外為入門」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入門、NYは動き、東京は動かないその4:

« 南米好調、韓国健闘 株 | トップページ | かかしさん、デフェンシブ特集ありましたが »