« 2月のRBA議事録:津田 | トップページ | 辞めると決まった大臣と議論できるのだろうか »

2009年2月17日 (火)

NHKが何も放送しなかった1時間

「NHKが何も放送しなかった1時間」

午後1時からNHKで国会中継であったが現在午後1時40分、オーストラリアやバハマ諸島の風景が映し出されている。中川財務大臣の代わりもすぐに見つからないが、あれだけ大臣の泥酔映像を流していたNHKも代わりの番組を用意していなかったようだ。

雨天中止の可能性があるなら別番組も用意していただろう。FXではこうならないようにすべて想定して取引に臨みたい。

さて小泉内閣が信頼されていたのも株価を7500円から18000円と倍以上にしたからだ。中国鄧小平国家主席が「黒い猫でも白い猫でもネズミをとるのが良い猫」としたように、とにかく株価を上げて景気を上げるのがいい内閣なのだろう。安部、福田内閣は株価に気をつかわなかった。

09年1ー3月期もマイナス二桁成長になる予想が強い。自ら未曾有の危機と言いながらも為替でも株でも対策をとらないのはなぜかわからない。泉内閣はなりふりかまわず、円を売り、株を買った。今回の不況は財務省がまったく動いていない気がする。

 皆風邪薬を飲んでいるのではないだろうか。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 2月のRBA議事録:津田 | トップページ | 辞めると決まった大臣と議論できるのだろうか »

為替09年2月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKが何も放送しなかった1時間:

« 2月のRBA議事録:津田 | トップページ | 辞めると決まった大臣と議論できるのだろうか »