« 国際収支状況20年と12月 | トップページ | 行き詰まり線効果ドル円 »

2009年2月 9日 (月)

続国際収支状況12月

「続国際収支状況12月」

先ほどの20年中の国際収支状況に続く

経常黒字や貿易黒字の減少は特に2008年後半に起こっている。それは12月の数字にもよく表れている

12月経常収支は1254億円の黒字で1.5兆円、92.1%の超大幅減少

貿易収支は1979億円の赤字で1.2兆円の減少となった。

所得黒字は7242億円で2785億円、27.8%の減少となった。

貿易、所得黒字の減少(赤字化)は全体的な経済規模の縮小を示している。

バブル期や景気回復時に見られる輸入の急拡大による貿易黒字の減少でなく縮小均衡であり景気の弱さが如実に数字に表れている


野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 国際収支状況20年と12月 | トップページ | 行き詰まり線効果ドル円 »

為替09年2月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続国際収支状況12月:

« 国際収支状況20年と12月 | トップページ | 行き詰まり線効果ドル円 »