« 初上京 | トップページ | 純粋で熱気があった120円、79円、100円時代 »

2009年1月14日 (水)

分別管理、あなたも買っている日本国債

「分別管理、あなたも買っている日本国債」「銀行に分別管理なし」

ここ1週間、一生懸命欧州各国政府を格下げしているS&Pだが日本をAAに据え置いた

今朝見通しをネガティブにされたNZはまだAAAである。

1990年代はムーディーズ、S&Pはこれでもかと日本の格付けをAAAから5段階ほど格下げしたが、今回もっと財政赤字が増加したが据え置きとなった。格下げされまくっている時は、日本政府、財務省は日本の赤字は潤沢な金融資産があるので心配なしと対抗したが聞き入れられなかったが、今回は個人の金融資産があるので大丈夫としている。

 まあそれはいいとして、個人の金融資産が担保となっているということだ。国債を買うということは国にお金を貸すことだ、その保証人が買い手にあるということだ。

 オレは国債なんて買っていないから関係ないという人もいるが、それは間違いで、銀行生保はあなたの預金や生保の保険料で国債を買っている。FXのように分別管理はしてくれていない。

|

« 初上京 | トップページ | 純粋で熱気があった120円、79円、100円時代 »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初上京 | トップページ | 純粋で熱気があった120円、79円、100円時代 »