« 旅行時に外貨を安く手に入れる! | トップページ | 銀行の手数料がバカ高い理由 »

2009年1月25日 (日)

ドル円テクニカル

「ドル円テクニカル」Ws000018

 6日連続陰線で弱いことは弱い。ただローソク足の長い下ヒゲが3日連続続いている。ローソク足の実体の7倍の長さの下ヒゲを出した
1月21日の87.06-90.15のレンジを抜けない。ここを抜ければ新しい展開となる。
移平均線は下向きのバイアスがあるが依然ほどの棒下げはなくどちらへもすぐ反転しそうな状態。

 上は1月6日と1月19日の下げトレンドラインを上抜ける時、月曜で言えば89.50を抜ける時。下は新たに出来た1月21日と23日の安値を結んだ上昇ラインを下抜ける時、月曜なら88.50。ボリンジャーバンドでは下位で推移。1月21日の下限下抜きはいつもいっているが、上限、下限抜きで同調することは避けたい。一目均衡表の雲とはやや乖離してしまった。90円超えないと雲入りなし。Ws000019Ws000020
 
とりあえずデイトレではP&Fをチェックしながら打診的取引。

需給、ニュース、ファンダメンタルズ、当局動向も見逃さずにお取引ください

|

« 旅行時に外貨を安く手に入れる! | トップページ | 銀行の手数料がバカ高い理由 »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドル円テクニカル:

« 旅行時に外貨を安く手に入れる! | トップページ | 銀行の手数料がバカ高い理由 »