« 温故知新:竜河 | トップページ | 日経8000円割れ »

2009年1月20日 (火)

金価格高値更新予測:水谷

ちょっと古いニュースですが、英貴金属調査会社ゴールド・フィールズ・ミネラル・サービスが2009年上半期に金価格が過去最高値を更新する可能性があるとの予測を発表しました。顧客の解約に伴うファンドの売りが一巡した場合、1000ドル(1オンス)を越えると見ています。その根拠は米国の超低金利政策と積極的な財政出動がインフレの脅威や財政赤字の拡大懸念を通して金価格を押し上げるとしています。

私も同様に財政赤字が拡大して、バブル状態の米国債市場が崩れ、金利上昇、米債売り、米国信用悪化のシナリオを描くのですが。現在はオバマ人気が先行しているようですね。

水谷

|

« 温故知新:竜河 | トップページ | 日経8000円割れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 温故知新:竜河 | トップページ | 日経8000円割れ »