« 長い下ひげの展開のパターン継続=ドル円 | トップページ | デイトレは儲かる 対価は集中力 »

2009年1月23日 (金)

トレンドライン取引のうまみ=ドル円から

「トレンドライン取引のうまみ=ドル円から」

今回はトレンドラインだけでもなんとかなる実例(もちろんその他要因もいつもチェックしている)

①1月2日安値と5日の安値を結んだ上げのラインの下抜けで下げ

②同じくもう少し前の12月18日と12月31日の上げラインを下抜けると下げ

③1月7、8、9日の高値を結んだ下げラインを上抜くと上げ

④1月15日1月19日の上げラインを下抜けると下げ

現在は1月6日と1月19日の高値を結んだ下げラインと1月21日と1月22日の上げラインとの三角持合でどちらのラインを抜くかWs000017_2

結構単純で儲かる。でもたまに外れても文句を言わないで欲しい、儲かる確率アはかなり高い。要は行ったり来たりが為替相場。同じポジションを思い込んで理由をつけて持っては収益効率は悪い。

 思い込んでもつのは金利差狙いだけ。あとあまり難しいチャートh使う必要はないと思う。そういうことをやっている人が儲けて為替チームを助けてくれたことはない。一見カッコよく見えるだけである。

|

« 長い下ひげの展開のパターン継続=ドル円 | トップページ | デイトレは儲かる 対価は集中力 »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長い下ひげの展開のパターン継続=ドル円 | トップページ | デイトレは儲かる 対価は集中力 »