« 米銀だって多かった | トップページ | 南アのルーティンチェック »

2009年1月17日 (土)

邦銀だって多かった

「邦銀だって多かった」

北拓、埼玉、協和、東京、大和、三菱、住友、三和、三井、富士、第一勧業、長銀、興銀、日債銀、東海、三井信託、三菱信託、中央信託、住友信託、安田信託

 それぞれディーラーが数多くいた。

これがコンパクトに東京三菱UFJ、三井住友、みずほ、りそな(いや途中にさくらとかあさひもあった)。

行名が変わらなかったのは地銀のほうが多い。

横浜、千葉、北陸、常陽と彼らはひところは都市銀行より為替取引で活発だった。

 米国に追随する日本ならば銀行はもっと減っていくのだろうか。

|

« 米銀だって多かった | トップページ | 南アのルーティンチェック »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米銀だって多かった | トップページ | 南アのルーティンチェック »