« 春節休場明けの香港株5%上昇 | トップページ | キター中国の逆襲 温家宝首相 »

2009年1月29日 (木)

ダボス会議:水谷

スイスの北東部にダボスというスキーリゾート地があります。昨日から2月1日まで世界から政治、経済の要人が集ります。その中に、ソロス氏、トリシェ総裁も参加されています。

ソロス氏がポンド/ドルで1.4000割れからのポンド売りは仕掛けないとの発言があったようで、再びポンド売り安心感があるような雰囲気です。シカゴ筋のポジションはポンド・ショート(売り持ち)に先週火曜日時点ではなっていました。1.4000以上ではショートにしておこうとの市場筋の反応です。

またトリシェ総裁は2月の理事会では政策金利の決定はしない。そして3月の理事会が重要と改めて述べられているようです。再びユーロも売りモードになるか。欧州経済にはユーロ売り材料には事欠かないようですね。

ダボスから目が離せないようです。行ったことはないのですが。

水谷

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 春節休場明けの香港株5%上昇 | トップページ | キター中国の逆襲 温家宝首相 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春節休場明けの香港株5%上昇 | トップページ | キター中国の逆襲 温家宝首相 »