« 注目の中国株オープン | トップページ | 南アの地図と、お便りFROM 南ア »

2009年1月15日 (木)

夜はどうする

「夜はどうする」

といっても中抜けでの寿司かすき焼きの話ではない

 今夜はのメインイベントはECB理事会。ダブルヘッダーで金利発表とトリシェ総裁会見。

その会見はIMMオープン、新規失業保険、PPI、NY連銀製造業受注と同時なのでいっせいに情報をインプットして即座に売買判断を下してください。どっとコムのブログのタイトルにもしたが、まさに聖徳太子、千手観音の能力が試される。

ここまで1ヶ月かけてボリンジャーの上限超えた1.47から下限の1.3まで下落してきたユーロドル。まさに通貨の王。昔のドルマルクはもっと動いたように思う。対ドルでも、対円でも。欧州内でも勝ち組のマルク、ギルダー対負け組み(怒られるかなあくまで通貨の意味で。人生の楽しさはやはりラテンのイタリアリラだった)のペセタ、エスクード、リラ、時々仏フランとの差が大きくマルクは動いた。やはりその点ではEMSからユーロへのチェンジは成功。

 ただユーロ圏内でも今度の金融危機で財政負担が増大した国は格下げか、GDP比の財政赤字比率の規律が厳しいユーロ圏。今後の課題。

|

« 注目の中国株オープン | トップページ | 南アの地図と、お便りFROM 南ア »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 注目の中国株オープン | トップページ | 南アの地図と、お便りFROM 南ア »