« 春節前のアジア市場 軒並み下落 | トップページ | NZ、来週は政策金利決定 »

2009年1月23日 (金)

豪インフレ指標低下中

「豪インフレ指標低下中」

豪の政策金利決定会合は2月3日である。TDセキュリティーズとメルボルン研究所が発表した12 月の豪インフレ指標「TD─MIインフレ指数」は前月比0.2%低下し、統計開始後
初めて3カ月連続での低下となった。11月は0.6%、10月は0.2%、それぞれ低下していた。  前年比では2.2%上昇し、11月の3.0%上昇から鈍化。2005年5月以来の低い伸びとなり、08年6月の4.8%上昇を大きく下回った。

豪中銀による利下げ局面の正当性を裏付ける数字であり、景気低迷を示す一連のデータやインフレ率の低下は追加利下げが不可避であることを示している。 RBAは今回の利下げ局面で政策金利をすでに3%引き下げ4.25%としている。さらに2月3日の理事会でも少なくとも0.75%の追加利下げを行うとみている。また、市場は最終的に2.5%程度への利下げを織り込んでいる。

シドニー津田さん、こんなものでいいでしょうか

|

« 春節前のアジア市場 軒並み下落 | トップページ | NZ、来週は政策金利決定 »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪インフレ指標低下中:

« 春節前のアジア市場 軒並み下落 | トップページ | NZ、来週は政策金利決定 »