« ヨコハマ たそがれ② | トップページ | 思ったほどでは……でもないか »

2009年1月 9日 (金)

ヨコハマ たそがれ ③

ヨコハマ たそがれ ③」

すいません、雇用統計を前に為替に関係ない話を続けて、まあ景気を見る上では路地裏散歩も役に立ちます。

 中華街も異変があり、さらにファーストフード店が増えている。最初は中華街の端っこに店をオープンしていたが、いまや華正楼、満珍楼、ヘイ珍楼という高級店が並ぶ中華大通りにも数件進出してきている。時間をかけて食べるコース料理店がはやらなくなってファーストフード店と交代している。ファーストフード経済。

 さて今年のヨコハマは開港150周年でいろいろなイベントが開催されるのだが、50万人を集める7月の花火が中止、いや今年だけでなく、中止になるという話が出ているらしい。

 中止の理由は危険だからということだ。運営者の苦労はよくわからないのであるが、1日で50万人の集客力のあるイベントがなくなるのは寂しいしネガティブな経済効果になるだろう。多くの為替関係者も毎年来ていたが残念だろう。

 ということで、やや寂しい話となっていますが、それはそれで黄昏感があり、どちらかと言えば人生の黄昏に向かっている私にとっては程よい静かな街のままでいることものんびりとゆっくりと出来ていいかもわかりません(ヨコハマ たそがれ終わり)。

P.S. 昨夜は為替関係者三人で中華街「愛香楼」へ。ヌーベルシノワーズ。欧風中華料理というのだろうか、創作中華というのだろうか。お値段も中華大通りの高級店と比べてリーズナブル。媽祖(マソ)廟近く、占いの店のそば。ヨコハマのことばかり書いていますが私は大阪出身です。大阪城と生駒山を見ながら育ちました。

|

« ヨコハマ たそがれ② | トップページ | 思ったほどでは……でもないか »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヨコハマ たそがれ② | トップページ | 思ったほどでは……でもないか »