« FOMCの結果は予想通り金利据え置き、長期国債購入の構え:津田 | トップページ | ブログのデザイン変更致しました »

2009年1月29日 (木)

簡単に 簡単に

「簡単に 簡単に」

 津田さん、早朝からFOMC、RBNZのフォローありがとうございました。

さてFOMCの後に、米国下院が8250億ドルの景気対策法案を可決して90.20へ下押ししていたドル円を少し90.50まで反発させました。

 オバマ大統領の目指す2月半ば法案成立への第一歩となりました。これも実際可決するよりも可決するまでの過程が素直に相場が反応するでしょう。

 昨秋の金融安定化法案よりもスムーズに事が運んでいるようです。今回反対した共和党も減税額の増額を主張しているので方向性はそれほど違わないと思います。

それはさておき、チャートや需給に素直にやっていれば成果が上がることをまた今週教えてくれました。再三指摘していたドル円やクロス円の下ヒゲが効いてドルは上昇したようです。また需給面では昨日の大手証券の外貨投信設定も効いています。

 今後も変化の兆しをお伝えしていきたいと思っております。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« FOMCの結果は予想通り金利据え置き、長期国債購入の構え:津田 | トップページ | ブログのデザイン変更致しました »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 簡単に 簡単に:

« FOMCの結果は予想通り金利据え置き、長期国債購入の構え:津田 | トップページ | ブログのデザイン変更致しました »