« 「幸福度ですか、水谷さん、日本は95位、ブータン13位です | トップページ | ドルランド チャート »

2009年1月11日 (日)

ドル円チャート、こう考えながらデイトレやっています

「ドル円チャート」、「こう考えながらデイトレやっています」

先ほどのチャートのチェック表ではトレンドラインでは12月17日と12月31日の安値を結んだ上昇トレンドラインを1月8日(木)に92円を下に切ることによって下げは加速しました。

もちろん1月6日に出した長い上ヒゲでドル売り圧力は出していました。一目の雲の圧力にも屈して雲の平行して下落しています。

 今度は下げトレンドラインが出来ており、1月6日の高値94.5を起点として翌日の高値を結べば明日は92円あたりがドル下げの上のポイントとなります。丁度先に上げたドル上昇ラインとも交差するところです。下げのメドは出しにくいのでこの下げトレンドラインを下に平行移動しています。そうすれば月曜日は89.50あたりがポイントとなります。

 そこを抜けると12月17日の87.10も視野に入ってきます。移動平均線は5日が下向き、21日は結局上向かずにゆっくり下げています。

ボリンジャーバンドでは現在中位にいますが下限は88円程度ですね。上限下限を抜けたらあまり手をだしませんが、逆に上位で陰線、下位で陽線が出たら逆張りをやることがあります。

一目の雲には到達しませんでしたが、依然雲は下がりつつあるのでドル円は横ばい推移さえすればまた雲に突入する可能性があります。雲に入ればセンチメントも変わってしまう時もあります。

さらにイントラデイのP&Fにトレンドラインと移動平均線を入れて○×を見ながらやっています。

もちろん、その日の需給、ニュース、当局の考えなども目を離さず追っていきます

これで集中していると結構疲れます。

意外とチャートも一生懸命見ているでしょう。いつもこんなにこまめにはかけませんが、これを、ドル円から、ユーロドル、豪ドルなどなどドルランドまでやっています。こんな細かいことをやったり、永久に金利や配当狙いの外貨投資、外株投資、スワップを狙うことをやったりしていますが、変動狙いと長期投資はまったく別に考えてください。長期投資はゆったりとした資金繰りをするだけで手間はかかりません。変動は手間をかければ、1年くらいの変動幅は1ヶ月でとれると思っています。変動=体力。

|

« 「幸福度ですか、水谷さん、日本は95位、ブータン13位です | トップページ | ドルランド チャート »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「幸福度ですか、水谷さん、日本は95位、ブータン13位です | トップページ | ドルランド チャート »