« 仲値の法則 二つ | トップページ | サイクル »

2009年1月26日 (月)

あんちゃんディーラー

あんちゃんディーラー

為替市場を3つに分けている。

東京市場は「実需の真面目な市場」、NY市場は「一攫千金の投機市場」

シドニーは「あんちゃん市場」である。「あんちゃん」とは広辞苑によれば「若い衆」となっている。

若者の市場だ。親分はあまり出てこない。日本で言えばジュニアーディーラーが出てくる。生保でいえば大玉を振る幹部は9時以降の出勤でそれから市場動向を聞いて決断しどーーんとポジションをとる。ヘッジファンドも幹部は家に帰り若い人がより小さなポジションで取引する。

 地場のシドニーやオークランドの大物ディーラーがいるではないかということだがオセアニア人のディーラーは結構固いので大きくやらない。国自体がラッキーカントリーなので為替投機であまりリスクをとる必要はないのだろう。

 「あんちゃん」の集まりではやはり流れに沿った取引、センチメント中心の取引となる。またちょっと損が出ると投げる。大きく動くが薄いからで東京から大玉が出始めるとシュンとなってしまう。

 あまり東京以降の相場観にひっかけすぎてはいけないと思う。

では欧州はということだが、ここくらいは休養の時間でディナータイムである。東京とNYのハーフタイム。でも東京とNYは野球とベースボール以上の違いがあると思っている。ハーフタイムというより別の競技への為の休憩日。

|

« 仲値の法則 二つ | トップページ | サイクル »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あんちゃんディーラー:

« 仲値の法則 二つ | トップページ | サイクル »