« 長すぎたヒゲと国民性 | トップページ | 中国の成長率が1桁台に »

2009年1月22日 (木)

お金を貸して金利まで払ってあげる日本人

「それにしても弱い日本株」

NYがIBMやアップルの好決算(イーベイは悪い)で279ドルもダウは戻したのだが日経平均は弱く前場は12円安。中国は本土株、香港も上昇、NZ、豪、韓国も上昇しているのに

日本株は「弱いやないか」といことになる。そうなれば株安円高にもちょっとなる。

NYダウは8228で日経が7889と400ポイント近く差をつけられた。

円高不況財政赤字拡大増税雇用不安ということか。

他の国は自国通貨安で癒す。また財政赤字は日本と比べるとたいしたことない国ばかり。

日本政府の常套句、日本の赤字は個人の金融資産でまかなっている。個人の資産は政府の担保としてとらえられている。お金を政府に貸して金利まで払ってあげている。 

  こういう住宅ローンあれば最高なのだが、どこかの銀行でやってくれないかな。

|

« 長すぎたヒゲと国民性 | トップページ | 中国の成長率が1桁台に »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長すぎたヒゲと国民性 | トップページ | 中国の成長率が1桁台に »