« ちと早いがリパトリの知識その2 | トップページ | 渋谷のエース交易で商品を学ぶ、エースで狙えFX »

2009年1月 4日 (日)

一目雲における位置確認

「一目雲における位置確認」

11月に1.25を中心に長い鍋底を形成してエネルギーをためて1.47までリバウンドしたユーロドルであったが、それが最近のクロス円のリバウンドを誘ったのであろう。これもことあるごとに発言してきたがクロス円の現在地を確認して置きたい。

クロス円ではまだ雲の上へ出ているものはない。雲中ではユーロ円、スイス円が中ほどに、いやランド円も意外と強く雲の中ほどにいる

次いで豪ドル円でNZドル円が入ったばかりカナダ円も入ろうとしている。それに比べるとポンド円は弱くまだまだ雲のはるか下でそれはドル円も同様だ。

|

« ちと早いがリパトリの知識その2 | トップページ | 渋谷のエース交易で商品を学ぶ、エースで狙えFX »

為替」カテゴリの記事

コメント

野村さん、こんばんは。野村さんの書籍など、逐一チェックさせて頂いております。本日、初めてコメントさせて頂きます。ところで、最後の、「入った」とはどのような意味なのでしょうか?
素人質問で申し訳ありません。
これからも陰ながら応援しております。
ありがとうございます。(・∀・)

投稿: 世界のナベシャツ | 2009年1月 4日 (日) 21時27分

世界のナベシャツ様

いつもご講読ありがとうございます
「入った」とは相場が一目均衡表の雲の下から雲の中に上昇した入ったという意味で書いています。

宜しくお願い申し上げます

野村

投稿: nomura | 2009年1月 4日 (日) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちと早いがリパトリの知識その2 | トップページ | 渋谷のエース交易で商品を学ぶ、エースで狙えFX »