« 日経ヴェリタス | トップページ | 味の素とリパトリ »

2009年1月12日 (月)

ユーロドルチャート

「ユーロドルチャート」

 現在一目の雲の上位でもみ合っている。あと6,7営業日で雲が薄くなるのでそこをついていくのだろうか5日移動平均線は1月2日から下げ基調で90日線の1.3447も下抜いている。21日線はまだ上向きボリンジャーバンドでは中位におりまだ下げ余地はあり下限は1.3程度。トレンドラインは下げで12月29日の1.4360と1月8日の1.3796を結んだラインの下にいる。

 ユーロポンドが現在10月31日&11月28日からの上昇ライン上にある。ここを下に切ればユーロドルも下落余地がある。現在ユーロポンドは0.8880.

 つくづく思うのだが11月からのユーロドルはこれでチャートの教科書にできるような展開であった。1ヶ月にわたるなべ底一目の雲抜け200日線で上げ止まるとともに長い上ヒゲで売り圧力。1.4でミニ団子天井上ヒゲも長い日が2日ほど。そこから下げでにまとわりつく。 

 今週ECB理事会で利下げ0.5%予想。出遅れポンドの堅調さによる反落、イタリア債券スキャンダル、ギリシア格下げ、ロシア天然ガス問題などもある。

感情とチャートが一致したイタリア債スキャンダル問題報道時など勝負するときは行きたい。もちろん近からず遠からずのところにストップは入れておきたい(マーケットノイズを避けて)。

|

« 日経ヴェリタス | トップページ | 味の素とリパトリ »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日経ヴェリタス | トップページ | 味の素とリパトリ »