« ポション持つとぜんぜん違う | トップページ | You can't have everything、巨泉 »

2009年1月18日 (日)

ユーロドルチャート

「ユーロドルチャート」

 上がる為には下ヒゲ、下がる為には上ヒゲが多くなっていることが多い。

数ある通貨ペアからヒゲが異常なものを選んでやるのもひとつの方法だが、あまりやりなれない通貨では大きくはポジションは張れない。

ユーロドルは1月15日の下ヒゲもそうであった。また1月16日からの下げトレンドを上抜いていたし、12月29日の下げトレンドも上抜いていた。

現在は12月29日の高値と1月9日の高値を結んだ下げトレンドライン上にいる。月曜日これを上抜けて始まれば底堅くなっていくだろう。

 5日移動平均線はちょっと穏やかな角度になったがまだ下向きこれも上向きになると強い。上げの究極のパターンはここから雲に沿って駆け上がるのだが、この雲のねじれがポイントである。ボリンジャーバンドではまだ下限にあり上方が伺える。

 ユーロポンド(チャート3目)は0.9で横ばいで下ヒゲもポツポツ出てきているので、ポンドからユーロへ売り圧力をかけっれることはないだろう。Ws000019 Ws000020 Ws000021

|

« ポション持つとぜんぜん違う | トップページ | You can't have everything、巨泉 »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポション持つとぜんぜん違う | トップページ | You can't have everything、巨泉 »