« ロシア株上昇 | トップページ | いや若干リスク回避後退?:津田 »

2009年1月27日 (火)

ユーロドルテクニカル

「ユーロドルテクニカル」

 下ヒゲとトレンドラインの上抜き、下抜きが好きだ。これにP&Fを加えれば結構楽しい。ただ昨日の朝のように世のセンチメントとに反するので気が弱くてはいけない。強気すぎて損切らないないのもダメだがWs000035 Ws000036

Ws000038 さてユーロドルチャートは下ヒゲの後 続伸した。11月の1ヶ月もみ合った後の上昇と違って即上がった。12月29日と1月9日の高値を結んだ下降トレンドを上抜き、5日線も反転上昇した。一目の雲の下限はまだ程遠いが1.35も見えないわけではない。ローマG-7で為替議論の思惑が出れば面白い。ボリンジャーバンドはやはり下位からローソク足の陽線、下ヒゲ確認後上伸。(関連チャート参照願度)。

また先週金曜と月曜の安値を結んだ上昇ラインを下に切れば要注意。

|

« ロシア株上昇 | トップページ | いや若干リスク回避後退?:津田 »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーロドルテクニカル:

« ロシア株上昇 | トップページ | いや若干リスク回避後退?:津田 »