« マネックスFXWEBセミナー1月19日 | トップページ | ローマは1日してならず、されど一瞬のうちに滅ぶ »

2009年1月12日 (月)

続南ア選挙3

「続 南ア選挙3」

ズマ氏は現在議員ではない。議員でない人が与党ANCの党首であり大統領候補であるのも南ア独特だ。

キャッチフレーズは「LONG ON PROMISSES、SHORT ON CREDIBILITY」である。

長期は期待、短期は信頼であろうか、そういえば麻生さんは長期は責任、短期は大胆と発言していた。野党DA党首 HELEN ZILLE女史は失業率30%以上を批判、またズマ氏の収賄問題も解決していないと攻撃的だ。

 アパルトヘイトからの勝利のハネムーンは終わったともいわれている。今回の総選挙が南アの新たな民主主銀の始まりとなる。ズマ派には熱狂的かつ暴力的若者サポーターが多く、ムベキ大統領の辞任にも一役買っている。このあたりが不安要因でもある。

 無事に選挙が終わり2010年のサッカーワールドカップが無事開催されることを願いたい。(南ア総選挙の項終わり)

|

« マネックスFXWEBセミナー1月19日 | トップページ | ローマは1日してならず、されど一瞬のうちに滅ぶ »

為替」カテゴリの記事

コメント

'政治は第一、経済は第二’。これは中国の開放政策以前の政策だった。その間違った政策のおかげで、中国の経済は非常に遅れていた。いま、日本の社会システム、すくなくとも、永田町の政策はまさか、そのとおりです。支持率は10%台にかかわらず、頑張ると一点張り。恐らく、秋までにならないと、総選挙はないと思います。今度の日本経済は外因ではなく、自身の原因でさらに20年間の不景気に突入する可能性は非常に大きいと心配している。

投稿: Shanghai | 2009年1月13日 (火) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マネックスFXWEBセミナー1月19日 | トップページ | ローマは1日してならず、されど一瞬のうちに滅ぶ »