« 横浜開港150年で為替相場を | トップページ | 懐かしいハドソンリバー、NY郷愁 »

2009年1月16日 (金)

一服して1月後半戦を思う

「一服して1月後半戦を思う」

15時48分のリポートのように、年初からよく動いてくれた。

1月前半はよく動いた。いつでもチャンスはあるのでちょっと休んでもまた動いてくれてチャンスをくれる。相場はいつでもある。

来週は米国のお祭りだ。オバマさんを語るにかかせないキング牧師の誕生日に始まり、オバマ大統領誕生となる。

奴隷貿易から始まり、差別の歴史を思うと涙がでてくる。

 来週の他の指標は1月29日のNZ政策金利決定を前にNZのCPIと小売売り上げがある

カナダ&日銀も金利決定、日本の12月貿易統計で赤字定着するか。

来週よりも再来週が脂っこい

FOMC、米国4QGDP速報、マイナス4%とかいう予想だが、日本もマイナス5%程度。今週お騒がせしましたNZも金利決定。

一応そんなに先は見ないが2週間程度のシナリオは想定する。といっても野球で言えば、プロ野球での2週間程度の日程で相手チームと球場と先発投手を考える程度。

|

« 横浜開港150年で為替相場を | トップページ | 懐かしいハドソンリバー、NY郷愁 »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 横浜開港150年で為替相場を | トップページ | 懐かしいハドソンリバー、NY郷愁 »