« 竜河さん、占いと言えば中華街 | トップページ | 米:ゼロ金利政策とその危険性!:水谷 »

2008年12月17日 (水)

野村さん、中国の官僚にも易経の信者が増えています

野村さん、

 

当時、相場で名利を手にした多くの人が議員、取引所理事長など公職に就くとは違って、高島嘉右衛門氏が易聖になったのは、異例中の異例と言えましょう。

 

私も易経に興味がありますが、少し齧っただけの程度です。易経を占いに使うというより、1つの哲学・自然の奥義としてみています。しかし、時折、易断の凄い予見力に感服してしまいます。

 

今の中国では、官僚の中でも易経の信者が増えてきています。野村さんの言うとおり、不安心理が高まるときは、占いに走る人が増えます。占いはまさに不況に強い“仕事”です。

 

***

FRBがとうとう0.75%超の利下げに踏み切りまして、長期国債の買い入れも検討するなど、アメリカの日本化が速いスピードで進んでいます。

 

***

先週この欄で来年中国の実質経済成長率が恐らく6%まで減速すると予測したが、昨日の新聞報道によれば、IMFのストロスカーン専務理事が5%台に減速すると予測しました(IMF11月、来年の中国の成長率が8.5%になると予測を発表したばかりです)。

 

竜河

|

« 竜河さん、占いと言えば中華街 | トップページ | 米:ゼロ金利政策とその危険性!:水谷 »

お知らせ」カテゴリの記事

4呂新一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 竜河さん、占いと言えば中華街 | トップページ | 米:ゼロ金利政策とその危険性!:水谷 »