« 豪ドル所感(2) :津田 | トップページ | RBAは上手い為替ディーラー »

2008年12月11日 (木)

ドルインデックス フォローアップ:水谷

おはようございます。

ドルインデックスは現在85.42と下落基調にあります。

7月16日起点のガンライン1x3を明確に割ってきています。そして、11月22日の高値88.25(open)から引いたガンライン1x3に沿った動きとなっているようです。(昨日のチャート参照)

ウェリング・オランダ中銀総裁のECB利下げ発言があったようですが、金利関連には反応していないようです。米ビッグスリーに対する政府・議会の支援策が合意したようで、安全志向がひとまず治まったかのしれませんね。ユーロ金利も先物市場では、昨日Euribor6月物で利回りベースで2.525%とECB利下げ日(12月4日)前日の2.285%よりも0.24%も上昇しています。利食いの相場のようです。為替市場でも、利食いのユーロ買い戻しの動きと推測します。それが、ドルインデックスの下げの要因と思われます。そして、チャートの変化が相場の大きな流れに繋がるのではと。

それでは。

水谷

|

« 豪ドル所感(2) :津田 | トップページ | RBAは上手い為替ディーラー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 豪ドル所感(2) :津田 | トップページ | RBAは上手い為替ディーラー »