« 米:ゼロ金利政策とその危険性!:水谷 | トップページ | 豪ドル所感(その3):津田 »

2008年12月18日 (木)

水谷さん、米国債市場の見方に同感です

私も米国債利回りの急上昇(国債に怒涛の売り)がそう遠くないうちにやってくると思っています。早ければ、正月明け早々でしょう。そうなれば、米政府の窮状、財政が既に破たんしていることは白日の下にさらされます。


 アメリカに住んでいる友人によれば、今、住宅ローンを抱えている家庭は、この未曽有の低金利を見逃さず、リファイナンス(低利のローンに乗り換え)に走っているようです。しかし、米国内では資金の循環が到底完成できないため、海外資金が必要になってくるわけです。下落一方の通貨で発行される債券を、一体、誰がこの超低金利で買い続けるでしょう?また、買い続けていくとしても、これからやってくる売りの怒涛に対抗できるのか、疑問です。

 

竜河

|

« 米:ゼロ金利政策とその危険性!:水谷 | トップページ | 豪ドル所感(その3):津田 »

4呂新一」カテゴリの記事

米国経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米:ゼロ金利政策とその危険性!:水谷 | トップページ | 豪ドル所感(その3):津田 »