« 竜河さん「株は下落の変動幅が大きいのですか?」 | トップページ | 世間は生きている、理屈は死んでいる »

2008年12月31日 (水)

NYスタート、GMAC、シカゴPMI:市況

「市況」NYスタート

 NYダウは60ドル上昇(午後11時40分)でスタート。と思ったら+25に縮小。政府のGMAC救済が好感されている。日経平均も上昇した。株の話はかかしさんや竜河さんの領域なので語るのはおこがましいが、昨年12月は日経平均の月足は陰線であったが今年は陽線である。水準は去年が15000円で今年は8000円で半分程度だが、一目の雲の中にいることも加えて暗闇にも一筋の光明去年の大納会は-256、今年は+112。

 ドル円は14年ぶりに100円以下で引け。95年の79.75円をつけた年ではなくその前年の94年で引けは99.58円、それ以来であった。95年は大規模円売り介入で79円から103円まで持ち上げた。100年に一度の危機なら同じことをやればいいのだが口ほどに危機感なし。100年ではなく150年ではないか?横浜は来年開港150年だから。

 読売新聞では「政府・日銀は30日、金融機関が保有する不良債権や株式などの金融資産を公的資金で買い取る制度を再開する検討に入ったと報道。ホントなら良きニュース。

 海外も本格始動、彼らには正月気分はない。米国は10月ケースシラーが前年比-18%と悪かった(こんな指標って数年前は誰も気にしていなかった。住宅着工で十分じゃないか)。12月4週の大規模小売売上は前年比-0.4%。その他シカゴ購買部協会景気指数(結果34.1、予想33.0)、消費者信頼感指数がある。 豪ドルは中東緊張の原油高で上げ、豪株も上げ。そうなるとNZは反落してしまう。

GM株もGMAC救済で0.28ドル上昇、0.28ドルでも7%高。GMAC救済して本体を救済しないことはないだろう。でもGMACは本業とは関係のない子会社。本業と関係ないことをやるのをバブルという。 トヨタも証券や住宅会社を持つのはやりすぎだと思う。支援は真央ちゃんや美姫ちゃんだけでいい。

|

« 竜河さん「株は下落の変動幅が大きいのですか?」 | トップページ | 世間は生きている、理屈は死んでいる »

市況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 竜河さん「株は下落の変動幅が大きいのですか?」 | トップページ | 世間は生きている、理屈は死んでいる »