« 雲中のユーロドルがすべてを引っ張る | トップページ | 床島佳子さん=エース交易 »

2008年12月12日 (金)

ドルインデックス フォローアップ-2:水谷

おはようございます。

ドルインデックスが現在83.60です。

11月21日最高値(88.25open)から引いたガンライン1x2から大きく乖離し、1x1ラインを目指しています。7月16日最安値(71.73open)から引いた1x3ラインからは、4日前から大きく乖離し、1x4ラインに近づきつつあります。今日現在では82.70です。ドルベアトレンド(弱気)が明確になっています。

ドル/円、ポンド/ドル、豪ドル/ドルでも、次第にドル売りが鮮明になりつつあります。理由探しですが、シカゴ筋の欧州通貨買い戻しの利食い、そして、米国の財政赤字膨張、米国債の乱発、米国の信用悪化あたりがテーマとなっていくような気がします。米債券市場が、異常に買われています。超短期米国債(4週間TB)入札では利回り0.00%と異常な状態です。安全志向から投資家がせっせと買っているようですが、一度なにかのきっかけで、逆回転の動きになれば、米国債市場暴落、金利上昇、そしてドル売りが加速するのではと思います。ドルインデックスの動きはその序章ではなかろうか?

あれやこれやのもやもやが漂っています。

水谷

|

« 雲中のユーロドルがすべてを引っ張る | トップページ | 床島佳子さん=エース交易 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雲中のユーロドルがすべてを引っ張る | トップページ | 床島佳子さん=エース交易 »