1野村雅道(2)

2021年3月 1日 (月)

「世界の金融政策は、長期金利は上昇しているが」

「世界の金融政策は、長期金利は上昇しているが」

*G20=景気支援策維持で合意

*FRB=回復は依然として不均衡かつ完全な形とは程遠い

*ECB=全ての景気支援策を維持する

*日銀=日本経済や物価は下向きのリスク

*豪=今後しばらくの間は金融政策による「かなり」の支援が必要になる

*スイス=金融・財政政策は引き続き拡張的でなければならない

*カナダ=金融緩和策はかなり期間必要になる

*メキシコ=経済のリスクについてはスラック(需給の緩み)がかなりあり、下向きに傾いている

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(ここからは緩和ではない↓↓)

*南ア=インフレ見通しに対する全体的なリスクは短・中期的に均衡している

*中国=穏健で安定的な金融政策を維持

*NZ=緩和的な金融政策は長期に渡って変更せず、必要ならばマイナス金利などさらなる緩和策を講じる可能性
  (ただ政策決定で住宅価格を考慮へ)

*トルコ=物価上昇率が今後3年間で目標の5%まで低下するまで、金融政策を引き締めて「強力なディスインフレ効果」を生み出す

 

 

|

テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」

テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」

*ドル円「週足、雲の上に出るか」

日足、ボリバン2σ上限(106.41)と3σ上限(106.94)の間にいる。2月24日-26日の上昇ラインがサポート。5日線上向き。
週足、雲の上に出られるか。出れば20年6月8日週以来。2月8日週-22日週の上昇ラインがサポート。20年6月8日週-21年2月22日週の下降ラインが上値抵抗。
月足、1月は5か月ぶり陽線。2月も陽線。21年1月-2月の上昇ラインがサポート。20年6月-20年2月、17年1月-20年2月の下降ラインが上値抵抗。雲の下。ボリバン中位は106.84。
年足、2020年まで5年連続年足陽線だが、今年はここまで陽線維持。15年-20年の下降ラインが上値抵抗。16-20年の上昇ラインがサポート。20年2月-3月の下降ラインが上値抵抗。

*ユーロドル「ボリバン3σから急落し下位に。雲下に近い」

日足、2月25日は一時雲の上に出てボリバン3σ上限に近づくも、その後急落し長い上ヒゲを残した。26日はその影響で急落し雲の下限に近付く。2月17日-22日の上昇ラインがサポート。2月25日-26日の下降ラインが上値抵抗。ボリバン下位。5日線下向き。
週足、ボリバン2σ上限から反落し中位まで下落するも2月1日週の長い下ヒゲで反発。先週は逆に長い上ヒゲ陰線。2月15週-22日週の上昇ラインがサポート。1月4日週-2月22日週の下降ラインが上値抵抗。
月足、ボリバン2σ上限から反落。11月-12月の上昇ラインを下抜く。20年7月-11月の上昇ラインがサポート。1月-2月の下降ラインが上値抵抗。雲の上。
年足、18年-19年の下降ラインを上抜く。17年‐20年の上昇ラインがサポート。11年‐14年の下降ラインも上抜きそうだが今年は陰線スタート。


*ユーロ円「ボリバン3σ上限まで上昇も反落」

日足、ボリバン3σ上限まで上昇も反落。2月24日-26日、23日-24日の上昇ラインがサポート、2月25日-26日の下降ラインが上値抵抗。5日線上向き。
週足、3週連続陽線も先週は上ヒゲ長し。ボリバン2σ上限越えから反落。2月15日週-22日週の上昇ラインがサポート。
月足、4か月連続陽線、ボリバン2σ上限。1月-2月の上昇ラインがサポート。18年2月-21年2月の下降ラインが上値抵抗。雲中。
年足、18年-19年の下降ラインを上抜く。16年-20年の上昇ラインがサポート。15年-18年の下降ラインが上値抵抗。

|

2021年2月22日 (月)

テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」

テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」

*ドル円「カブセ線で3連続陰線。2月15日-19日の上昇ラインがサポート出来るか」

日足、2月5日と同様に2月17日のカブセ線から3連続陰線。2月15日-19日の上昇ラインがサポート。2月18日-19日の下降ラインが上値抵抗。5日線上向き。ボリバン上位。
週足、2月1日週-8日週の下降ラインを上抜くもボリバン3σ上限近くで反落。2月8日週-15日週の上昇ラインがサポート。20年6月8日週-21年2月15週の下降ラインが上値抵抗。
月足、1月は5か月ぶり陽線。2月もここまで陽線。11月-12月の下降ラインを上抜く。20年3月-21年1月の上昇ラインがサポート。ボリバン2σ内に戻す。まだボリバン下位。
年足、2020年まで5年連続年足陽線だが、今年はここまで陽線維持。15年-20年の下降ラインが上値抵抗。16-20年の上昇ラインがサポート。20年2月-3月の下降ラインが上値抵抗。


*ユーロドル「2月はずっと雲中で推移」

日足、2月はずっと雲中で推移。2月18日-12日の上昇ラインがサポート。2月16日-19日の下降ラインが上値抵抗。ボリバン中位。5日線下向き。
週足、ボリバン2σ上限から反落し中位まで下落するも長い下ヒゲで反発。1月25日週-2月1日週の下降ラインを上抜く。2月1日週-15日週の上昇ラインがサポート。1月4日週-2月15日週の下降ラインが上値抵抗。
月足、ボリバン2σ上限から反落。11月-12月の上昇ラインを下抜く。ただ2月は長い下ヒゲで回復中。20年7月-11月の上昇ラインがサポート。雲の上。
年足、18年-19年の下降ラインを上抜く。17年‐20年の上昇ラインがサポート。11年‐14年の下降ラインも上抜きそうだが今年は陰線スタート。


*ユーロ円「ボリバン2σ上限まで上昇も反落」

日足、ボリバン2σ上限まで上昇も反落。2月18日-19日の上昇ラインがサポート、2月17日-19日の下降ラインが上値抵抗。5日線上向き。
週足、ボリバン2σ上限越えないが上限近辺で推移。2月8日週-15日週の上昇ラインがサポート。
月足、3か月連続陽線、今月も陽線。ボリバン2σ上限。12月-1月、5月-11月の上昇ラインがサポート。18年2月-21年1月の下降ラインを上抜く。
年足、18年-19年の下降ラインを上抜く。16年-20年の上昇ラインがサポート。15年-18年の下降ラインが上値抵抗。

|

2021年2月15日 (月)

テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」

テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」

*ドル円「3連続陰線を3連続陽線で戻すも、半値戻しとならず」

日足、2月9日-10日の下降ラインを上抜いて上伸も、2月5日-8日の下降ラインに阻まれる。2月12日は上ヒゲが長い。2月15日は米国休場で仲値のドル買いはない。その分2月12日は仲値のドル買いがゴトビ要因もあり支えた。2月11日-12日の上昇ラインがサポート。ボリバン上位。5日線下向き。
週足、1月11日週-18日週の下降ラインを上抜くもボリバン2σ上限で反落。1月25日週-2月8日週の上昇ラインがサポート。2月1日週-8日週の下降ラインが上値抵抗。
月足、1月は5か月ぶり陽線。11月-12月の下降ラインを上抜く。20年3月-21年1月の上昇ラインがサポート。ボリバン2σ内に戻す。まだボリバン下位。
年足、2020年まで5年連続年足陽線だが、今年はここまで陽線維持。15年-20年の下降ラインが上値抵抗。16-20年の上昇ラインがサポート。

*ユーロドル「依然雲中、先週末は長い下ヒゲ」

日足、反発しているが依然雲中。2月12日は長い下ヒゲ。2月5日-12日の上昇ラインがサポート。2月11日-12日の下降ラインが上値抵抗。ボリバン中位。5日線上向き。
週足、ボリバン2σ上限から反落し中位まで下落するも長い下ヒゲで反発。1月25日週-2月1日週の下降ラインを上抜く。2月1日週-8日週の上昇ラインがサポート。1月4日週-2月8日週の下降ラインが上値抵抗。
月足、ボリバン2σ上限から反落。11月-12月の上昇ラインを下抜く。ただ2月は長い下ヒゲで回復中。20年7月-11月の上昇ラインがサポート。雲の上。
年足、18年-19年の下降ラインを上抜く。17年‐20年の上昇ラインがサポート。11年‐14年の下降ラインも上抜きそうだが年初は陰線スタート。

*ユーロ円「依然、雲上維持」

日足、ボリバン2σ上限に近い。雲に入らず底堅い。2月11日-12日の上昇ラインがサポート。5日線上向き。
週足、ボリバン2σ上限越えないが上限近辺で推移。1月18日週-25日週の上昇ラインがサポート。1月4日週-25日週の下降ラインが上値抵抗。
月足、ボリバン2σ上限。雲に抵抗されるも雲中へ上昇。12月-1月、5月-11月の上昇ラインがサポート。18年2月-21年1月の下降ラインが上値抵抗。
年足、18年-19年の下降ラインを上抜く。16年-20年の上昇ラインがサポート。15年-18年の下降ラインが上値抵抗。

 

|

2021年2月 8日 (月)

テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」

テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」

*ドル円「ボリバン上限で8日ぶり陰線。調整あるか」

日足、20年6月16日以来の日足で雲の上へ。先週末は上ヒゲの長い陰線。陰線は8日ぶり。2月4日-5日、2月1日-4日の上昇ラインがサポート。ボリバン2σ上限。5日線上向き。
週足、1月11日週-18日週の下降ラインを上抜きボリバン2σ上限へ近づく。終値で中位越えは20年6月1日週以来。1月25日週-2月1日週の上昇ラインがサポート。
月足、1月は5か月ぶり陽線。11月-12月の下降ラインを上抜く。20年3月-21年1月の上昇ラインがサポート。ボリバン2σ内に戻す。ボリバン下位。
年足、2020年まで5年連続年足陽線だが、今年はここまで陽線維持。15年-20年の下降ラインが上値抵抗。15-20年の上昇ラインがサポート。

*ユーロドル「雲下に落ちず越週」

日足、雲下に落ちず越週。2月1日-5日の下降ラインが上値抵抗。雲中。ボリバン下位。5日線下向き。
週足、ボリバン2σ上限から反落し中位まで下落するも長い下ヒゲで先週は終える。1月25日週-2月1日週の下降ラインが上値抵抗。11月2日週-2月1日週の上昇ラインがサポート。
月足、ボリバン2σ上限から反落。11月-12月の上昇ラインを下抜く。7月-11月の上昇ラインがサポート。1月-2月の下降ラインが上値抵抗。雲の上。
年足、18年-19年の下降ラインを上抜く。17年‐20年の上昇ラインがサポート。11年‐14年の下降ラインも上抜きそうだが年初は陰線スタート。

*ユーロ円「雲上限を前に急反発」

日足、雲上限を前に急反発。ボリバン上位維持。1月29日-2月1日の下降ラインを上抜く。2月4日-5日の上昇ラインがサポート。5日線下向き。
週足、ボリバン2σ上限越えないが上限近辺で推移。1月18日週-25日週の上昇ラインがサポート。先週は長い下ヒゲ。1月4日週-25日週の下降ラインが上値抵抗。
月足、ボリバン2σ上限。雲に抵抗されるも雲中へ上昇。12月-1月、5月-11月の上昇ラインがサポート。18年2月-21年1月の下降ラインが上値抵抗。
年足、18年-19年の下降ラインを上抜く。16年-20年の上昇ラインがサポート。15年-18年の下降ラインが上値抵抗。

|

2021年2月 1日 (月)

テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」

テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」

*ドル円「衝撃的な先週の推移。半年振りに雲の上で引ける。5か月ぶり月足陽線。5年連続年足陰線の後、今年は陽線スタート」

日足、20年6月16日以来の日足で雲の上へ。ボリバン3σ上限(105.04)まで上伸し反落。まだボリバン2σ上限を越えている。1月28日-29日の上昇ラインがサポート。20年11月11日-21年1月29日の下降ラインが上値抵抗。
週足、1月11日週-18日週の下降ラインを上抜きボリバン中位越え。終値で中位越えは20年6月1日週以来。1月4日週-18日週の上昇ラインがサポート。
月足、1月は5か月ぶり陽線。11月-12月の下降ラインを上抜く。20年3月-21年1月の上昇ラインがサポート。ボリバン2σ内に戻す。ボリバン下位。
年足、今年はここまで陽線。2020年で5年連続陰線。ただ陰線開始の16年の安値98.45ををまだ下抜いていないここ4年の値幅の小ささ。15年-20年の下降ラインが上値抵抗。15-20年の上昇ラインがサポート。

*ユーロドル「ボリバン下位。かろうじて雲の上で引ける」

日足、かろうじて雲の上で引ける。1月27日-29日の上昇ラインがサポート。ボリバン2σ下限から反発。1月27日-29日の下降ラインが上値抵抗。5日線下向き。ボリバン下位。
週足、ボリバン2σ上限から反落。1月18日週-25日週の上昇ラインがサポート。1月4日週-25日週の下降ラインが上値抵抗。ボリバン上位。
月足、ボリバン3σ上限から反落。11月-12月の上昇ラインを下抜く。7月-11月の上昇ラインがサポート。雲の上。
年足、18年-19年の下降ラインを上抜く。17年‐20年の上昇ラインがサポート。11年‐14年の下降ラインも上抜きそうだが年初は陰線スタート。

*ユーロ円「目まぐるしかった1月。ボリバン上限→下限→上限」

日足、1月はボリバン3σ上限から反落し一気に3σ下限へ。しかし月末は2σ上限まで戻す。1月28日-29日の上昇ラインがサポート。1月8日-29日の下降ラインが上値抵抗。5日線上向き。雲上。
週足、ボリバン2σ上限越えないが上限近辺で推移。1月18日週-25日週の上昇ラインがサポート。1月4日週-25日週の下降ラインが上値抵抗。
月足、ボリバン2σ上限。雲に抵抗される。11月-1月、5月-11月の上昇ラインがサポート。18年2月-21年1月の下降ラインが上値抵抗。
年足、18年-19年の下降ラインを上抜く。16年-20年の上昇ラインがサポート。15年-18年の下降ラインが上値抵抗。

 

|

2021年1月25日 (月)

テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」*ドル円「再び垂れ下がる雲にトライか」など

テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」

*ドル円「再び垂れ下がる雲にトライか」

日足、ボリバン2σ上限から反落。1月19日-22日の下降ラインが上値抵抗。1月21日-22日の上昇ラインがサポート。再び雲にトライか。5日線下向き。
週足、ボリバン2σ下限から反発。1月4日週-18日週の上昇ラインがサポート。1月11日週-18日週の下降ラインが上値抵抗。なかなかボリバン中位を上抜けない。
月足、ボリバン2σ内に戻す。20年3月-21年1月の上昇ラインがサポート。20年11月-12月の下降ラインを上抜くか。
年足、2020年で5年連続陰線。ただ陰線開始の16年の安値98.45ををまだ下抜いていないここ4年の値幅の小ささ。15年-20年の下降ラインが上値抵抗。15-20年の上昇ラインがサポート。

*ユーロドル「ボリバン下限から反発。雲に落ちず」

日足、ボリバン2下限から反発。1月20日-21日の上昇ラインがサポート。1月7日-22日の下降ラインが上値抵抗。5日線上向き、雲の中に下落せず。
週足、ボリバン2σ上限から反落。12月21日週-28日週の上昇ラインを下抜く。1月4日週の長い上ヒゲが効く。11月2日週-1月18日週の上昇ラインがサポート。1月4日週-18日週の下降ラインが上値抵抗。
月足、ボリバン3σ上限から反落。11月-12月の上昇ラインを一時下抜く。7月-11月の上昇ラインがサポート。
年足、18年-19年の下降ラインを上抜く。17年‐20年の上昇ラインがサポート。11年‐14年の下降ラインも上抜きそうだが年初は陰線スタート。

*ユーロ円「ボリバン下限と雲中から反発」

日足、ボリバン3σ上限から反落し一気に下限へ。そこから反発。1月21日-22日の上昇ラインがサポート。1月8日-22日の下降ラインが上値抵抗。5日線上向き。雲から脱出上昇。
週足、ボリバン2σ上限越えられず反落。11月23日週-1月18日週の上昇ラインがサポート。1月4日週-11日週の下降ラインが上値抵抗。
月足、ボリバン2σ上限。雲に抵抗される。11月-1月、5月-11月の上昇ラインがサポート。
年足、18年-19年の下降ラインを上抜く。16年-20年の上昇ラインがサポート。15年-18年の下降ラインが上値抵抗。

|

2021年1月18日 (月)

テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」

テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」

*ドル円「ボリバン2σ上限から反落。雲に届かず。ボリバン中位で支えられる」

日足、ボリバン2σ上限から反落。またもや雲に届かず。1月14日-15日の下降ラインが上値抵抗。1月13日-14日の上昇ラインがサポート。下げたがボリバン中位でサポート、週後半3日連続で下ヒゲ長い。5日線下向き。
週足、ボリバン2σ下限から反発。1月4日週-11日週の上昇ラインがサポート。11月9日週-1月11日週の下降ラインが上値抵抗。なかなかボリバン中位を上抜けない。
月足、ボリバン2σ内に戻す。20年3月-12月の上昇ラインがサポート。20年11月-12月の下降ラインを上抜くか。
年足、2020年で5年連続陰線。ただ陰線開始の16年の安値98.45ををまだ下抜いていないここ4年の値幅の小ささ。15年-20年の下降ラインが上値抵抗。12年-20年の上昇ラインがサポートだが下抜いている。

*ユーロドル「ボリバン上限から反落し下限に到達。1月4日週の上ヒゲ効く」

日足、ボリバン2σ上限から反落し下限へ。11月23日-1月15日の上昇ラインがサポート。3σ下限に近い。1月13日-15日の下降ラインが上値抵抗。5日線下向き、雲の下限に近い。
週足、ボリバン2σ上限で一服。12月21日週-28日週の上昇ラインを下抜く。1月4日週の長い上ヒゲが効く。11月23日週-1月11日週の上昇ラインがサポート。1月4日週-11日週の下降ラインが上値抵抗。
月足、ボリバン3σ上限。11月-12月の上昇ラインを下抜く。7月-11月の上昇ラインがサポート。
年足、18年-19年の下降ラインを上抜く。17年‐20年の上昇ラインがサポート。11年‐14年の下降ラインも上抜きそうだが年初は陰線スタート。

*ユーロ円「ボリバン上限から反落し下限到達」

日足、ボリバン3σ上限から反落し一気に下限へ。11月23日-1月15日の上昇ラインがサポート。1月14日-15日の下降ラインが上値抵抗。5日線下向き。雲に近づく。
週足、ボリバン2σ上限越えられず反落。5月4日週-11月2日週の上昇ラインがサポート。1月4日週-11日週の下降ラインが上値抵抗。
月足、ボリバン2σ上限へ。雲に抵抗される。11月-12月の上昇ラインを下抜く。5月-11月の上昇ラインがサポート。
年足、18年-19年の下降ラインを上抜く。16年-20年の上昇ラインがサポート。15年-18年の下降ラインが上値抵抗。年初は陰線スタート。

|

2021年1月15日 (金)

「ユーロ高牽制、今週と昨年9月 ECB理事会を控えて」

「ユーロ高牽制、今週と昨年9月 ECB理事会を控えて」

(今週)1.22台で

*ラガルドECB総裁=為替レートが物価に与える影響に注意を払っており、今後も引き続き十分に注視、ECBは特定の為替レートを目標にしていない
*ビルロワドガロー仏中銀総裁=ユーロは2018年上半期以来の高値水準で取引されており、輸出に打撃となっているほか、石油といった輸入品目の値を下げ、インフレ率を圧迫している。
さまざまな通貨に対するユーロ相場のインフレに対する負の影響を密接に観察している


(2020年9月)1.20手前で

*レーンECB専務理事=9月、ユーロドル相場は金融政策に大きくかかわる重要な問題
*同じく9月 ECB高官=ユーロ高が継続すれば輸出が抑制され、物価が押し下げられ、さらなる金融刺激策を導入する必要に迫られると、ユーロ高をより強くけん制

(ただECBのドイツ系からは、ユーロ高牽制発言は積極的にはでていない、またECBはユーロ発足後売り介入はしていない))

|

2021年1月 4日 (月)

ドル円テク「5年連続陰線だが、まだ16年の安値を下抜けない静けさ」

ドル円テク「5年連続陰線だが、まだ16年の安値を下抜けない静けさ」

日足、ボリバン中位を越えられず下限まで下落。12月30日-31日の上昇ラインがサポート。12月30日-31日の下降ラインが上値抵抗。5日線下向き。

Ycc0104aa
週足、ボリバン2σ下限の102.81に近い。12月14日週-28日週の上昇ラインがサポート。12月14日週-28日週の下降ラインが上値抵抗。なかなかボリバン中位を上抜けない20年後半であった。

Ycc0104bbwk
月足、ボリバン3σ下限の102.22に近づいてきた。20年3月-12月の上昇ラインがサポート。20年11月-12月の下降ラインが上値抵抗。

Ycc0104ccmm  
年足、2020年で5年連続陰線となった。ただ陰線開始の16年の安値98.45ををまだ下抜いていない。19年-20年の下降ラインが上値抵抗。12年-20年の上昇ラインがサポート。

Ycc0104ddyy

|

より以前の記事一覧