1野村雅道(2)

2018年5月24日 (木)

セル in  メイに近づいてきた?

*.

Selmay0524
Kinchounonatu

|

トルコ利上げ

「トルコ利上げ」
*トルコのエルドアン大統領=来月の選挙後にインフレと経常赤字に対する新たな対応策を取るとの見解を示した。
*トルコ中央銀行=主要政策金利のうち後期流動性窓口金利を13.5%から3.0%引き上げ、16.5%とした。

|

FOMC議事要旨まとめ

「FOMC議事要旨まとめ」

*大部分のメンバーが、米経済見通しが維持されれば追加利上げは「近く」正当化される可能性がある

*一部の政策担当者が、金利は長期見通しに近い水準か、これを上回る水準にそれほど遠くない将来に上昇する

*パウエル議長を含む多くの当局者は、インフレ率が目標とする2%を一時的に上回ったとしても容認する

*数人がこのところの賃金を巡るデータから労働市場が過熱しているとの証拠はほとんど得られていない

*米国の通商政策は経済活動とインフレに「特に広範な」リスクをもたらす

|

ドルの既述、FOMC議事要旨から

「ドルの既述、FOMC議事要旨から」
*ドルの記述はいくつかあったが その影響については書かれず、事実を書いただけであった
 ただ前回のドルのピークは2016年としている(ドル円120円超、ユーロドル1.05あたりである。ドルインデックス(NYBOT)が100超え、
 T当時はベージュブックなどで、いくつかの地区連銀で製造業、観光業からのドル高懸念、またインフレを抑制していると書かれていた)
*今回分
①The foreign exchange value of the dollar rose modestly, but this move retraced only a bit of the depreciation of the dollar since its 2016 peak.
②On net, the broad nominal dollar index appreciated moderately over the intermeeting period. In the early part of the period, the index depreciated slightly, as relatively positive news about the current round of NAFTA (North American Free Trade Agreement) negotiations led to appreciation of the Mexican peso and Canadian dollar, two currencies with large weights in the index. Later in the period, there was a broad‑based appreciation of the dollar against most currencies as U.S. yields increased relative to those in AFEs and as the Mexican peso declined amid uncertainty associated with the upcoming presidential elections.

|

2018年5月23日 (水)

黒田総裁が低金利の副作用を語る

黒田日銀総裁=低金利環境の長期化による地域金融機関経営への影響など、金融緩和の副作用も考慮しながら金融政策を運営していく考えを示した。また、金利低下による家計収入の減少が、個人消費の下押しになる可能性にも言及した。


|

さあ 関税引き下げ効果出るか?

中国財政省は22日、米国との貿易を巡る緊張が和らぐなか、7月1日から自動車および自動車部品の輸入関税を引き下げると発表した。

財政省の発表文によると、大部分の自動車について関税は25%から15%に引き下げられる。少数の輸入トラックについては現在、20%の税が課されている。自動車部品の輸入関税は6%(現在は大部分が約10%)に引き下げられるという。

|

円高の夏、日本の夏か、

Kinchounonatu

|

日本の銀行

「日本の銀行」

(駿河銀行)

女性向けシェアハウス「かぼちゃの馬車」の運営会社「スマートデイズ」(東京都中央区)が経営破綻した問題で、スルガ銀行(静岡県沼津市)の行員らが、融資に必要な書類を改ざんしていた疑いがあるとして、シェアハウスのオーナーを支援する弁護団は22日、警視庁に有印私文書偽造・同行使容疑で捜査することを求める告発状を提出した。同庁は受理するか検討する。

(商工中金)

業務改善計画を経済産業省に提出。取締役会改革として、過半数を社外取締役にするなどの役員人事を発表した。財務省出身の稲垣光隆氏ら副社長2人が不正の責任をとる形で退任し、正副社長から官庁天下りが消える。3割以上の店舗を対象に統合や機能縮小を進める方針も明らかにした。



 

 

|

王毅外相がワシントン訪問

中国外務省は、アルゼンチンでの20カ国・地域(G20)外相会議に出席した王毅国務委員兼外相が23日に米ワシントンを訪問すると発表した。米中貿易摩擦や北朝鮮の問題などを話し合うとみられる。


時事

|

6月1日がEUへの関税適用期限

*

EUのマルムストローム欧州委員(通商担当)は、米国による鉄鋼とアルミニウムの輸入制限措置に関し、「米国がEUへの適用除外を延長しないと示唆している」と語った。

一時的な適用除外の期限が切れる6月1日以降、追加関税などの制限措置がEUに課される可能性があるとの見通しを示した。

|

より以前の記事一覧