2018年11月19日 (月)

ちょっと余裕が出てきたトルコ政府  まだまだやないか

このところは少しトルコ政府も安心したようで、一時規制していた「在住外国人の外貨建て不動産契約」を容認した。アルバイラク財務大臣は経常赤字の改善を示唆したが、8月、9月はリラ安の影響もあって経常黒字に転じリラを支えた

|

為替トトカルチョをやれば税収増、ボケ防止となる、為替リスクなし

*いわば人気投票なので実際のポジションをとる必要はない

*宝くじのように換金率を50%程度にすれば政府収入増となる(天下りに使ってはいけない)
*世界知る勉強の機会となる
*胴元のポジションリスクもない
*カジノ大解禁をするなら知的な為替カジノがいい日々 週間、月間、年間で対応できる
Toto1
*
Toto2

|

別れの磯千鳥

1.逢うが別れの始めとは 知らぬ私じゃないけれど 切なく残るこの想い
  知っているのは 磯千鳥
2.泣いてくれるなそよ風よ 望み抱いたあの人に 晴れの笑顔がなぜ哀し
  沖のかもめの 涙声 
3.希望の船よ銅鑼の音に いとしあなたの面影を はるか彼方に消えてゆく
  青い空には 黒煙
*EU加盟と英のEU離脱
*ユーロ通貨統合と伊のEU離脱観測
*米のWTO離脱観測(中国が加盟したからか)
*為替のポジションメークと利食い、損切り、ヘッジ
*ドラフト指名と 戦力外
*生と死
*結婚 離婚

|

まさかトルこが2か月連続黒字となるとは誰が想像できたのだろうか

*トルコ経常収支

日本はいくら円高にしても経常赤字にはならなかった
Trtrtrcaca

|

ドルと円がデッドヒート、通貨首位争いし烈

Ynenashi2018_1119

|

2回連続共同声明がでない国際会議

10月のG20財務相中央銀行総裁会議

今回のAPEC首脳会議

|

2018年11月18日 (日)

英利上げ観測が後退

19年の英利上げ観測が一段と後退


*2019年の英利上げ観測が一段と後退。欧州連合(EU)離脱協定案巡る英政権内の混乱で。

*短期金融市場が織り込む2020年よりも前に英中銀が25ベーシスポイント(bp)利上げする確率は86%。前日の90%強から低下。 

*離脱協定案に反発した閣僚の辞任が相次ぐ前は20年中の利上げが確実視されていた。

ロイター

|

トルコ 若干の余裕を示す

トルコ、在住外国人の外貨建て不動産契約を容認
 ロイター
トルコ政府は、国内在住の外国人市民に対し、外貨建てでの不動産契約の締結を認める。
通貨リラを下支えするために導入した規制を修正した。
 
トルコ政府は9月、不動産の売買・賃貸契約を外貨建てで行わず、リラ建てで行うよう義務付けた。外貨の利用を禁止し、リラ相場を下支えすることが狙いだった。

|

貿易摩擦解消には時間」米商務長官

「貿易摩擦解消には時間」米商務長官 対中国圧力の継続強調 NHK
激しい貿易摩擦が、今月下旬に行われる見通しの米中首脳会談で解消に向かうのではないかという一部の観測について、アメリカのロス商務長官は時間がかかるとして否定し、中国への圧力は緩めないと強調した。
米中両国は、互いに関税を上乗せし合う制裁措置を発動して激しく対立していますが、今月下旬のG20サミットに合わせて、トランプ大統領と習近平国家主席が首脳会談を行う見通しで、一部で摩擦が解消に向かうのではないかという観測が出ている。
しかし、ロス商務長官は15日、「うまくいけば、今後の協議の枠組みについて一致するものの、完全な合意に達することはない。それは無理な話だ」と述べ、一部の観測を否定し、貿易摩擦の解消には時間がかかるという認識を示した。
また、ロス商務長官は、来年1月に中国からの2000億ドルの輸入品にかける関税を、今の10%から25%に引き上げる方針は変わっていないと述べ、中国への圧力は緩めないと強調した。

|

FRBが金融政策検証へ

FRBが金融政策検証へ
FRBは、段階的に利上げを進めている今の政策の枠組みを検証すると発表した。トランプ大統領がFRBの利上げ路線に批判を強める中、金融政策のねらいを明確に示して理解を求めるねらいもある。
FRBは、アメリカ経済の拡大に合わせて段階的に利上げを進めているが、いずれは利上げを打ち止め、政策の路線を見直すことも予想される。
FRBは15日、金融政策の戦略や手段、それに政策のねらいを伝える情報発信の在り方など今の政策の枠組みを検証すると発表した。
パウエル議長は声明で、雇用が拡大し、物価上昇率が目標の2%に近づいていることを踏まえ、「金融政策の進め方や情報発信について吟味するにはよい時期だ」と述べた。
どのような検証を行うか具体的な内容は示していないが、物価上昇率の目標の見直しなどが議論されるものとみられる。

|

2018年11月17日 (土)

米金利はFRBが中立金利と見なす水準に近づいている

クラリダFRB副議長は、米金利はFRBが中立金利と見なす水準に近づいているとし、中立的であることは「理に適う」との見解を示した。

 

|

イタリアに制裁手続き開始、欧州委員会

欧州委員会がイタリア予算案を巡り11月21日に「過剰財政赤字是正手続き(EDP)」と呼ばれる制裁手続きの開始を勧告する

|

«中国は合意を望んでいる  トランプ米大統領