2018年9月25日 (火)

ネズミ捕獲長 英国財務省 発見

猫が不明、英財務省パニックに=「ネズミ捕獲長」、捜索で発見
Ukneko
英財務省の猫グラッドストン。紙には「一時行方不明になった」と報じた大衆紙サンの記事が印刷されている(公式インスタグラムから)
 【ロンドン時事】英財務省で「ネズミ捕獲長」の公式の肩書を持つ雇われ猫のグラッドストンが一時行方不明となり、省全体がパニックに陥る騒ぎがあった。ロンドン中心部の官庁街ウェストミンスター周辺で大規模な捜索が行われた結果、無事見つかり、省内も落ち着きを取り戻した。大衆紙サンがこのほど伝えた。
 
 グラッドストンはもともと野良猫だったが、動物愛護施設に保護され、2016年に財務省に引き取られた。庁舎内外で住み、餌や生活費は複数の職員が負担している。名前の由来は19世紀の英国を代表する名宰相で、財務相も長く務めたウィリアム・グラッドストン。省内で「最も人気のある同僚」だという。
 
 英国では、首相官邸「ダウニング街」の猫ラリーを筆頭に、外務・英連邦省や内閣府にも猫が住んでいる。ダウニング街には多くのネズミがいることから、16世紀ごろから駆除のために猫を「雇う」習慣が続いているとされる

|

マンデラ生誕100年、ケープタウン公館開設100年

「マンデラ元大統領 生誕100年 国連で記念会合」
国連総会にあわせ、南アフリカで人種差別と闘ったマンデラ元大統領の生誕100年を記念する会合が開かれ、グテーレス事務総長は、マンデラ氏が体現した勇気や不屈の精神をもとに、より平和な世界を築いていこうと訴えました。
また会合に合わせて、国連本部に設置されたマンデラ氏の銅像がお披露目され、グテーレス事務総長は「国連本部を訪れるすべての人がマンデラ氏の銅像をみて、彼が成し遂げた業績を思い出し、刺激を受けるはずだ」と述べ、マンデラ氏の精神を受け継いでいく意義を強調しました。
「南アフリカに日本の在外公館開設100年で記念コンサート」
日本政府が、アフリカ大陸で初めての在外公館を南アフリカのケープタウンで開設してから100年になるのを記念するコンサートが開かれ、地元の音楽家が日本とアフリカの友情のメッセージを込めて演奏しました。
開設100周年を記念して24日、地元の劇場でコンサートが開かれ、ケープタウン出身で世界的に著名なピアニストのアブドゥーラ・イブラヒムさんが演奏しました。

|

「一帯一路」に北朝鮮や日本、韓国を組み入れ

共同
中国東北部の遼寧省が、現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」に北朝鮮や日本、韓国を組み入れる計画を策定したことが24日、分かった。計画では中朝国境の都市、丹東から北朝鮮を経て韓国までつなぐ鉄道建設のほか、中朝間の経済協力を強化するための「丹東特区」建設も明記した。
 もともと一帯一路は中国の西方を意識した構想で、朝鮮半島や日本など東方への延伸を中国の公式文書が明確に示すのは異例。最近の朝鮮半島情勢の緊張緩和や日中関係の改善を受けた形だ。ただ対北朝鮮制裁が続く状況では中朝間の本格的な経済協力は困難で、実現性は不透明だ。

|

トランプ大統領は、今夜、国連総会で演説

トランプ大統領は、日本時間の25日夜、国連総会で演説する。史上初めて行われた米朝首脳会談などを外交成果として強調するとともに、11月の中間選挙も見据え、アメリカ第一主義を改めてアピールするとみられる。
激しく対立するイランについては、核合意から離脱し経済制裁を発動したことで、厳しい姿勢で臨む考えを示すとともに、イランに対する国際的な包囲網を強化するよう各国に協力を求めるだろう。
北朝鮮、イラン、中国、ロシア、そして国際テロの5つのポイントについて演説の中でどのように言及するかが注目  NHK

|

トルコとゴールドマン・サックス

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントは7月に「トルコがやっていることは全て間違っている。悪材料だらけだ」と批判していたが、最近は「トルコとアルゼンチンの政府債を購入している。新興国市場で最悪のパフォーマンスを示している両国だが、今年中に利益をもたらす債券取引の一部になるとみている。政治が問題を抱えるトルコのような国でも、地方財政や地方政府のバランスシートは実際に強固であり、自ら資金調達し、利息を支払う余裕が間違いなくある」と語った。

|

2018年9月24日 (月)

上海はゴールデンウィーク

「休場スケジュール」

9月24日 中秋節

10月1日-5日 国慶節
Kokkei0924
Chuushuu0924

|

南ア中銀、意外な政策金利決定の詳細

「南ア中銀、意外な政策金利決定の詳細」
南ア中銀は、主要政策金利であるレポレートを6.5%に据え置いた。金融政策委員会の4人が据え置きに賛成した一方、3人が利上げを主張した。
 クガニャゴ中銀総裁は一段とタカ派的な姿勢を表明、「インフレ見通しへのリスクは引き続き表面化した」とし、通貨ランド安や世界的な原油高などを背景にインフレ見通しは悪化したとの認識を示した。
 
市場リセッションに陥ったこともあり殆どが政策金利据え置きを予想していたが、中銀はかなりタカ派である。

|

リカちゃん、バービー、ブ^フーウー だっこちゃん

*久々に人形館へ、テーマはかわいい、でしたが 昔の人形もありました

Boo1
Boo2
Boo3
Boo4
Boo5

|

先週の株価、トルコも上海も上昇。首位のナスダックは下げ

Shuyoukabukawk0924

|

英のEU離脱関連、また閣僚辞任?

ロイター


英政権の一部閣僚が週明け24日に開く閣議で、メイ首相がまとめた英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)計画「チェッカーズ」案の代替案を求める見通しと、英紙テレグラフが21日、関係筋の情報として報じた。

メイ首相が聞き入れなければ、閣僚らには辞任する考えもあるという。

同紙によると、代替案が提示されなければ、マクベイ労働・年金相やモーダント国際開発相が辞任する可能性があるとみられている。

|

日本と米国が新たに2国間の貿易協議を始める

日本と米国が新たに2国間の貿易協議を始める見通しとなった。農産品や自動車を含めた関税分野の協議も念頭に置く。日米の市場開放を進め、両国経済の発展を促進することで一致する方向だ。日本政府は、トランプ米政権が検討する輸入自動車への関税の回避を条件に新2国間協議を始めたい考えで、日米は大詰めの調整を進める。
 茂木経済再生相はライトハイザー米通商代表部(USTR)代表と24日(米国時間)、米ニューヨークで第2回の貿易協議(FFR)を開き、こうした方針を提案する。この場で大枠を固めた上で、安倍首相とトランプ米大統領が26日に開く会談で正式に合意することを想定している。
 首脳会談後に共同声明を出し、新2国間協議の開始を確認する予定だ。日本政府は、米国が環太平洋経済連携協定(TPP)に戻ることが望ましいとの立場を堅持する。その上で、新2国間協議は、TPPに呼び戻す建設的な協議の場とも位置づける。
読売新聞

|

国民投票再び? 英国労働党の主張

共同
英国の、労働党の党大会では、英国の欧州連合(EU)離脱交渉が難航する中、交渉結果について改めて国民投票を行うことを正式な党方針とするよう求める声が党内で高まっており、その是非が議論される予定。
 コービン党首は、国民の意思は前倒し総選挙を通じて示されるべきだとして国民投票の再実施に否定的な立場。与党、保守党党首のメイ首相も2016年の国民投票の結果を尊重すべきだとして反対を明確にしており、現時点で再実施の可能性は低い。ただ労働党が再実施賛成にかじを切れば大きな後押しになる。

|

«主な国の格付け