2018年4月20日 (金)

カーニー英中銀総裁発言でポンド下落

*カーニー英中銀総裁=金融会合は年内に他にも予定されていると述べ、5月の会合で利上げに動くとの観測を後退させポンドが下落した

Carney: We might not hike rates next month
Interest rates might not rise next month after all, Mark Carney has said, surprising investors who were almost certain of a hike to 0.75pc.

The Governor of the Bank of England said that rates are on the way up, but cautioned the precise timing is now in doubt.

|

世界全体では貿易不均衡ではない

*外為どっとコム社動画です

*https://navi.gaitame.com/video/
Douga0420

|

メキシコ・ペソ急落

「メキシコ・ペソ急落」
  メキシコペソは依然今年の最強通貨だが昨日対ドルで2.04%、対円で1.85%下落した。 予想されていたとはいえ、メキシコ大統領選で左派候補がリードを広げていることも懸念された。 株価指数も昨日は0.7%下落、年初来では1.23%の下落。
Mxcc0420

|

2018年4月19日 (木)

ID為替、マネーマネージメント

本日はID為替リポートで「マネーマネージメント」について書きました

+++++++++++++++

「マネーマネージメント」

  時々、「今ドル円を売って何百万円損をしていますどうしたらいいでしょうか」という相談を受けることがある。
そこから立ち直ることも不可能ではないが、為替を専業にして生活時間の大部分を為替取引に費やす覚悟がないといけない。
一般の方、別に仕事をしながら、主婦をしながらではなかなか難しい。そうなる前に、取引を開始する前に、為替取引の計画、ゲームプランを組んで取り組んでもらいたい。

 続く。。。。。。。。。。

|

G7共同声明

G7の財務相は「北朝鮮に対する最大限の経済的圧力を継続する」、との共同声明を発表した。

声明では「北朝鮮の国際制裁逃れや、国際金融システム利用の継続的能力を懸念している」とした上で「北朝鮮は実名による取引はほとんど行っておらず、フロント企業やペーパーカンパニーなど複雑な所有構造を通じて国際金融システムを利用している」と指摘した。 

|

台湾スイーツの専門店

*「MeetFresh 鮮芋仙」 という台湾スイーツの専門店が横浜中華街(491HOUSEの隣)にオープン。身体に良さそうなスイーツ。世界で600店あるそうで、日本では3店目


*
Taid1

|

原油在庫減少で68ドルのせ

米エネルギー情報局(EIA)が公表した週間統計(13日まで)によると、堅調な需要を背景に石油在庫が減少した。

統計を受け、原油先物は約3年半ぶり高値を更新した。 

|

「南北統一関連の銘柄」

「南北統一関連の銘柄」
ノムラ・インターナショナルでは南北両国が統一を決めた場合の株式購入リストを用意した。(ブルームバーグ)
  日本株リサーチを除くアジア責任者のジム・マカファティー氏は香港でのインタビューで、「少し早いと思われるかもしれない」と述べる一方、「それでも市場は常に前のめりだ」と語った。同氏によると、この3週間に顧客から南北統一に関する質問を2件受け取った。1件はニューヨークからで、もう1件は東京だったという。
  同氏の回答は、南北統一がありそうならインフラ関連などの銘柄を買うということだ。中でも注目として言及した銘柄は以下の通り
コマツや斗山インフラコア。建設機械メーカーは北朝鮮の鉱物採掘事業で恩恵
SKテレコム、LGユー・プラス、NTTドコモなどの通信。北朝鮮から周波数帯の割り当てを受ける可能性
ポスコを含む鉄鋼メーカー、オットギや農心などの食品会社
一方、韓国航空宇宙産業やハンファテックウィンなど防衛関連株は売り
 

| | コメント (0)

G7の財政赤字

Us_debt
*ブルームバーグ

|

超閑散 4月ドル円出来高がかなり低水準

*通常日々の出来高は少ない時で80億ドル、多ければ100億ドルから150億ドルあるが

 今月はかなり少ない
*去年の4月も低調であった まだ様子見か
Dekiaori2018

|

2018年4月18日 (水)

メキシコ成長見通し まずまず

メキシコ成長見通し 2017年  2.0 %

          2018年 2.3%
          2019年  3.0%

|

ワイン、バヌアツ問題あるも輸出最高、豪

豪のワイン生産・輸出促進機関「ワイン・オーストラリア」は、2017年4月~18年3月の1年間で中国(香港、マカオ含む)へのワイン輸出が10億豪ドル(約830億円)を超えたと発表した。


前年同期比51%増で過去最高。中国市場の拡大に加え、15年に発効した豪中自由貿易協定(FTA)で関税が段階的に下がったことが奏功した。

|

«南ア成長見通し、新興国としては低いがリセッションから立ち直る